循環器

「心不全の薬物治療の考え方」・・・Frank-Starlingの法則とForrester分類を使って治療効果を考える。

やくまる

心不全に使う薬ってどんな感じで効いているのか、、、
イメージしづらいと思ったことないですか?
今回はFrank-Starlingの法則とForrester分類を使って基礎的な考え方を解説します!

Forrester分類

Forrester分類とは心不全の重症度を、縦軸に心係数(CI)横軸に肺動脈楔入圧(PAWP)をとった指標をもとにⅠ〜Ⅳ群に心不全を分類したものです。

心係数・・・心拍出量がそのひとの体格に見合っているかどうか評価する指標。
      心拍出量を体表面積で割って求める。(基準値2.6~4.2L/min/m2)

肺動脈楔入圧・・・バルーンカテーテルを右心房から肺動脈へ挿入し、
         バルーンを膨らませて測定する。前負荷の指標となる。
         (基準値2~12mmHg)

末梢循環を保つためには心係数は2.2以上必要なため、それ以下は末梢循環不全あり、
肺動脈楔入圧が18以上で肺うっ血を生じるとされ、それ以上は肺うっ血ありと分類します。

  • I群・・・正常
  • Ⅱ群・・・肺うっ血
  • Ⅲ群・・・末梢循環不全
  • Ⅳ群・・・肺うっ血+末梢循環不全

Frank-Starlingの法則

前負荷(拡張終期容積)の増大に伴って、1回拍出量が増大する法則をFrank-Starlingの法則といいます。

心臓がゴム風船でできているとすると、たくさん水を入れたほうが、圧力がかかって勢いよく吹きだすイメージがつくと思います。

正常な心臓では、前負荷が強くかかるほど、心臓の収縮力が強くなり、1回拍出量が多くなります。
強心薬を使うとその傾きはさらに大きくなります。
心不全の場合、前負荷が増えても、収縮力が落ちているため一回拍出量の増大が通常より小さく、傾きも小さくなります。

Forrester分類と治療効果の考え方

Forrester分類にFrank-Starlingの法則の考え方を組みわせると、心不全に使う薬の治療効果をイメージしやすくなります。

心不全の重症度ごとに、正常、軽症、重症の曲線を並べるとこんな感じ。

フォレスターリングの図とでもいいましょうか。(冗談です。)

この図上で心不全の治療薬がどう効くかベクトルを使ってイメージします。

①強心薬で収縮機能を改善するとベクトルが真上へ。

②利尿剤は前負荷(静脈還流量)を減らし、スターリングの曲線に沿って左へ移動。

③血管拡張薬は、静脈還流量の低下で前負荷の軽減に加えて、末梢血管抵抗も下げるので心拍出量を増加。
 ベクトルは斜め左上に向かいます。

Ⅳ群の重症心不全は上記のように治療が推移します。

まとめ

  • Forrester分類は縦軸に心係数、横軸に肺動脈楔入圧をとる
  • 末梢循環を保つのに心係数は2.2必要
  • 肺動脈楔入圧は18以上で肺うっ血がおこるとされている
  • 正常な心臓は前負荷が増えれば、心収縮力は強くなる(スターリングの法則)
  • 強心薬はForrester分類上でベクトルを真上向かせる
  • 利尿剤は横移動
  • 血管拡張薬は左斜め上へ