抗菌薬

薬物治療に役立つ肺炎の分類まとめ

肺炎とは

肺炎とは、肺の炎症性疾患のこと。

広義には間質性肺炎などの間質の炎症も含みますが、

一般的には、微生物の感染により生じる肺胞の炎症を肺炎と称すことが多いです。

肺胞性肺炎はさらに、肺の一葉を占める大葉性肺炎と、気管支が支配する区域に一致して広がる気管支肺炎に分けられます。

肺炎の分類

肺炎の中でもいくつか分類があります。今回は治療方針を決めるために重要な、原因微生物による分類と、

発症場所による分類を解説します。

原因微生物による分類

 微生物による分類では、大きく2種類。

一般細菌による細菌性肺炎と、それ以外の病原体による非定型肺炎に分けられます。

 細菌性肺炎は、グラム染色や培養で原因菌を推定でき、主な原因菌は、肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、モラクセラ・カタラーリス、肺炎桿菌などです。

 たいして、非定型肺炎は、マイコプラズマ、レジオネラ、クラミジアなどの特殊な細菌が原因となり、グラム染色に染まらず、培養にも生えてこないため、推定が難しくなっています。
また、広義にはウイルス、真菌、寄生虫による肺炎も非定型肺炎に含まれます。

発症場所による分類

 

 肺炎はどこで発症したかによって、市中肺炎(CAP)病院内肺炎(HAP)
その中間にあたる医療・介護関連肺炎(NHCAP)に分けられます。

発生場所による分類は、患者がどこで肺炎を発症したかによって、原因微生物や、患者の状態が異なるので治療の選択に役立ちます。

 市中肺炎(CAP)とは、病院外で日常生活をしていた人が発症した肺炎のこと。
(※入院から48時間以内の発症も含む)
主な原因微生物は、肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマ、クラミジア、モラクセラ・方ラーリスなどです。

 病院内肺炎(HAP)は、入院後48時間以降に発症した肺炎のことで、基礎疾患を有し、易感染状態にある患者に、内因性、外因性の感染が生じるもの。
病院内に存在する、MRSA、緑膿菌、アシネトバクターやシトロバクター、エンテロコッカスなどの耐性菌が原因となることが多いです。

 医療・看護関連肺炎(NHCAP)は、自宅や、老人ホーム、介護施設などで、
医療ケアや介護を受けている患者が発症する肺炎。
市中肺炎や病院内肺炎と状態や、原因菌が重なる部分もあり、治療も区別しづらくなっています。

細菌性肺炎と非定型肺炎の鑑別

鑑別

非定型肺炎は、細菌性肺炎に比べて、経過が緩徐、発熱が軽度、乾性咳嗽が強い、呼吸器以外の全身症状が出やすいなどの特徴があります。

また、非定型肺炎は治療に頻用されるβラクタム系が無効なため、治療方針を決定する上で、鑑別が非常に重要となってきます。

鑑別点は以下6つ

  1. 60未満
  2. 基礎疾患がない
  3. 頑固な咳
  4. 胸部聴診の所見が乏しい
  5. 喀痰がない
  6. WBC 10,000/μL 未満

1〜5のうち2項目以下、もしくは1〜6のうち3項目以下の場合細菌性肺炎の可能性が高いです。

1〜5のうち3項目以上、もしくは1〜6項目のうち4項目以上の場合は、非定型肺炎も鑑別にはいってきます。

治療

細菌性肺炎の場合は、予測される原因菌をスペクトルに含むβラクタム系を選択します。

非定型肺炎が疑われる場合は、マクロライド、テトラサイクリン、ニューキノロンといった細胞内で作用する抗菌薬が必要になります。

また、両者が鑑別できなかったり、複合感染の場合、βラクタムとマクロライドを併用することもあります。

まとめ

  • 肺炎には原因微生物による分類と、発生場所による分類がある。
  • 発生場所によって原因微生物が異なる。
  • 院内肺炎の場合、耐性菌が原因となることが多い。
  • 医療・介護関連肺炎は市中と院内肺炎の中間くらい。
  • 非定型肺炎はβラクタムが無効なため鑑別が重要。
  • 非定型肺炎の治療には細胞内で作用する抗菌薬を使用する。